教職課程センターについて

教員紹介

米山 光儀

講義科目教育基礎論、現代教師論、教育史、ほか
専攻・専門領域教育史学

 私の主な研究は、近代日本社会教育史に分類されますが、私は必ずしも社会教育そのものにある訳ではありません。社会教育の領域で展開されてきた「教育」は、学校教育への批判を含むものもあり、そこに学校教育改革の可能性を見出すことができるのではないかと考えてきました。その意味では、私の関心は、学校教育にあると言ってよいと思います。最近では、慶應義塾史に関わることも研究対象とし、自分の足下を見つめる作業をしています。

鹿毛 雅治

講義科目教育心理学、教育方法論、教育評価論、ほか
専攻・専門領域教育心理学・教育方法論

 学習意欲、教授・学習過程、教育評価、授業研究などのテーマに関心を持ち、主に教育心理学的なアプローチによって研究を進めています。また、学校教育の場で小学校、中学校の先生方と一緒に授業づくりの仕事をしています。理論構築と実践創造の過程が互いにダイナミックに関わりあうような教育心理学のあり方と、そこでの研究者の姿を模索しています。

佐久間 亜紀

講義科目現代教師論、教育方法論、ほか
専攻・専門領域教育方法学・教師教育論

 教育方法のなかでも特に、教師の力量形成の方法を研究しています。学術的には、19世紀以降の日本とアメリカの教師教育の歴史を、特に教職の専門性の史的展開という観点から探究しています。また同時にその学術的知見をふまえて学校現場に赴き、小中高校の先生方とともに授業研究をおこなったり、校内研究や研修内容の改善を探求したりして、教育の理論と実践を架橋する教育学を模索しています。

藤本 和久

講義科目学校カリキュラム論、教育評価論、ほか
専攻・専門領域教育方法学、カリキュラム論、米国カリキュラム開発史

 アメリカのカリキュラム開発史を「プロジェクト・メソッド」をそのキーワードにしながら研究しています。およそ100年前の米国においては、子どもとカリキュラムをめぐる議論はほぼ勢ぞろいしておりその整理がしっかりとはなされてはいません。学びにおける「(追)体験」とは何なのか、徹底的に明らかにしていくことを目下の関心課題としています。他方で、現代的なカリキュラム論上の課題に研究者としてかかわっていく場としていくつかの学校現場に継続的に入り現職教員とともにカリキュラムを創っていったり、民間教育研究団体やサークルなどで実践事例検討もおこなったりしています。

小林 大祐

講義科目教育基礎論、現代教師論、ほか
専攻・専門領域教育学・教育思想研究

 (1)どうしたら善い教育ができるか(方法論・技術論)。(2)何が善い教育か(目的論・価値論)。(3)教育とは何か(本質論・境界論)。教育に関する問題をこの3つに大別できるとするならば、わたしの研究の重心は(2)と(3)のあいだくらいのところにあります。わたしが解こうとしているのは、たとえば次のような問題です。すなわち、戦後改革期には、すべての個人をかけがえのない存在として尊重することが、民主化の礎になる教育の理念だと考えられていました。しかし、その後の日本社会において、この理念は蔑ろにされています。なぜでしょうか。「人間」「社会」「知識」「学習」「子ども」といった基本概念に「能力」「平等」「対話」などの概念をかけあわせ、それらを鍵にして、研究を進めています。

安藤 真聡

講義科目教育基礎論、社会教育論、ほか
専攻・専門領域成人教育・高等教育

 アメリカ合衆国における社会教育史や高等教育史をフィールドとして研究をしています。これまでは,19世紀末から20世紀初頭にかけてのニューヨーク市における成人教育事業の展開過程や,リベラル・エデュケイションの思想的背景について研究を進めてきました。現在は,人文学を用いた社会教育事業や,若年者の就労支援事業について研究を進めています。

金子 恵美子

講義科目教育相談論、青年心理学、ほか
専攻・専門領域教育臨床心理学

 学校におけるさまざまな課題の中でも、特に不登校について研究しています。小中学校での不登校経験者がその後進学した定時制高校や通信制高校で登校を継続していることは少なくありません。定時制高校や通信制高校のどのような学校環境や教師の支援が生徒の登校を支えており、その中で不登校経験者がどのように変化、成長していくのかについて関心をもっています。また、学校や心理相談室での心理臨床にもたずさわっており、実践と研究の両面から青年期における支援について考えていきたいと思っています。

越田 年彦

講義科目社会科・公民科教育法、職業指導、ほか
専攻・専門領域社会科・公民科教育法、社会思想、経済倫理学

 私が取り組んでいる領域の1つが社会科・公民科教育法です。特に、この教科における教育目標実現のための教材の意味づけや適格性について考察を続けています。ともすれば社会科・公民科教育法というと実践知の問題と解されますが、思想、政治、経済、歴史等を対象とする諸学問の知識を議論の前提とします。本来私は社会思想や経済学、倫理学、教育学を自分のフィールドとしていますので、社会科・公民科教育法は自分の学問的取り組みを統合するような領域です。
 併せて、長年公立高校で教職に従事してきた経験をベースにキャリア教育論についても考察を続けています。将来の夢の語り合いであったり、適職探しに走ったりする、そういった、よくあるキャリア教育ではなく、若い人達が経済的現実を熟知したうえで職業的生きがいを追求するようなキャリア教育ができないものかと考えています。